〒371-0805 群馬県前橋市南町4-32-11 駐車場:有

お気軽にお問合せ・ご相談ください
027-224-6720

受付時間:14:00~22:00
※休日はお電話またはLINEで受付中。

勉強ができる子の特徴

点数は同じでも
真の実力は異なる

保護者の方からよく受ける相談です。

「小学校までは勉強ができたのに、中学に入ったら成績が下がってしまった。」

中学まではトップクラスだったのに、高校では努力しても成績が伸びない。

生徒本人や保護者の方は、小学校や中学時代のテストの点数や順位と比較して  ”勉強ができなくなってしまった”と判断しているのだと思います。

指導している立場としては”勉強ができなくなった”というより、内容が難しくなったので思考力や問題解決力といった ”生徒の実力”が勉強内容に追いつかなくなってしまったと考えています。

 

よくある例で次のような話があります。

中学時代はほぼ同じ点数だった2人が高校に入るとA君は偏差値70、B君は偏差値40へと差が大きく開いた。

中学時代は点数が同じだったのに、これほどに差がつくのはなぜか?皆さんも疑問に思われるかもしれません。ふつうに考えれば、A君は一生懸命勉強したが、B君は勉強をさぼってしまったとなります。

そのようなケースも多いのですが、逆に勉強量はA君よりB君の方が多いということも結構あります。テストの点数が同じでも、真の実力は同じではないのです。

指導者として、よく考えてみれば当たり前のことですが、保護者の方には、なかなか受け入れられないことかもしれません。

しかし、その点をしっかり見極めて、学年や学校が上がるにつれお子さんに足りない力を補い、強化しながら勉強を進めていけば満足のいく結果に近づいていきます。

いちばん良くないのは、点数が同じだったのだから、いま成績に差がついてしまったのは勉強量の不足が原因だと思い込み、効率のわるい勉強を続けてしまうことです。

成績を伸ばしていくために、今の自分に何が足りないのか自分で判断できない場合は、現状をしっかり見極めてくれる人を探して勉強の改善点をアドバイスしてもらうとよいでしょう。

勉強ができる子は
本質と枝葉を見分ける

中学時代は同じ点数だった2人が高校に入って偏差値70と偏差値40に分かれてしまった例について話しました。

成績に差がついた理由は勉強量によるものではなく、それぞれの生徒がもっている実力に大きな差があったからです。

次のような経験をしている生徒は多いのではないでしょうか?

同じ中学出身で、中学時代は自分の方が成績が良かった。高校でも勉強量は負けていないと思う。友達は部活動に熱心で授業中寝ていることもしばしば。自分の方が成績が悪いわけがない…

そう思いたくなる気持ちはとってもよくわかります。努力しているのに成果を出せなくて苦しくつらいですね。

そこでちょっと見方を変えてみましょう。苦しい状況にある、そのような時こそ、みなさんにとっては大きなチャンスなのです。飛躍するためのビッグチャンス!

中学まで成績が良くて高校で伸び悩む生徒のほとんどは勉強をパターンで覚えようとしています。問題を見て、こういうパターンはこんなふうに解いた…と記憶を頼りにパターンを当てはめて解く習慣が身についてしまっています。このやり方が高校で勉強に苦しむ原因を作っているのです。

今までの勉強の仕方を捨てて、高校の学習内容にふさわしい勉強法に変えることができれば勉強量に比例して成績も上がっていきます。

あまり勉強しているように見えない友達で成績が良いのは

そのような効率的な=本質をとらえた

勉強の土台

ができているのです。

このようなタイプの生徒は中学時代から本質と枝葉を見分けることができ、暗記中心の定期テストより、真の力を試される模試の方で実力を発揮します。

これがほんとうに勉強ができる子の姿です。

お子さんが勉強でつまづいてしまったようだと、お父さん・お母さんが気づけば心配になるのは当然です。

心配するのはいいのですが、どうしても関心が目先のことばかりにいってしまいがちです。次のテストで成績を上げなくてはと、親のほうが力んでしまうこともしばしばです。

ただ、勉強というのは、目先のことを考えたり力んで頑張ってみても、どうやら上手くいかないようです。ずっとずっと先のことを考え、ドンと腰を据えて取り組んだほうが大きな成果を生みます。何ごともリラックスしたほうが、想像以上の結果につながるのです。

勉強の土台を作る

よくあるご相談ですが、お子さんが中学・高校へと学年が上がるにつれ、成績が伸び悩むということがあります。伸び悩みの原因としては、学年が上がるほど内容が難しくなることがあります。でも、ほんとうの原因はそれだけではありません。もっとも大きな原因は「勉強の土台がない」からです。

学校の勉強は特別な才能を必要とするものではなく、基礎からしっかり学べば理解できます。せっかく小学校から長い時間をかけて勉強してきても、次のステップにつながる基礎=土台を作れなかったら、中学・高校に入って勉強がつらくなります。

ところが、現状は子どもたちに対して基礎をていねいに教えてくれる先生がほとんどいないようです。子どもの側からすれば、勉強とはどういうものかを教えてもらった経験がないわけです。

それならば、子どもたちに土台を作ってあげればいいことになります。本来は小学校の高学年から中学1年生くらいまでに、勉強の土台を作れれば一番いいのですが、もし作れなかったとしても、今から土台を作りなおせば大丈夫です。

土台作りは、今学校で勉強している内容と同時に進めることができます。いったん土台ができあがれば、中学の内容はもちろん、複雑で難解な高校の内容もスムーズに勉強できるようになります。

勉強の土台とは
どのようなものか?

勉強における土台の大切さについてお伝えしました。

続いて、勉強の土台とはどのようなものかをお話ししたいと思います。

勉強の土台とは、

”いろんなものにリンクを貼れる”

”勉強の目次を作れる”

ことです。

 

小学校や中学の最初の頃は学習内容が簡単なので、計算の仕方や重要な言葉を覚えるだけでテストもできます。ところが、中学の後半に入って数学の文章題や1次関数の応用問題など、パターン通りに解けない問題が増えてきます。英語も不定詞や動名詞などの複雑な文法が出てきて、それまで得意だった子も急に英語がわからなくなってしまうことがあります。

そうなってしまった時は、今までの勉強のやり方を見直して、もう一度、基礎から復習して、今勉強している内容と、前に習った内容をリンクさせることが大切です。ところが、生徒たちを見ていると、基礎をないがしろにしたまま、今学校で習っていることばかりを勉強しようとします。

これでは直前のテストで一時的に点数を取ることができても、基礎はできていないままなので、その後の模試や入試で失敗することになってしまいます。

こういうときは、あせる気持ちを落ち着かせて、腰を据えて取り組みましょう。

わたしは、勉強でつまずいたら、ビッグチャンスだと思っています。今のやり方ではうまく行きませんよ!と教えてくれているわけですから、ありがたくそのメッセージを受け取って勉強のやり方を見直すのです。

前の学年に戻って、忘れていた重要事項をていねいに復習します。簡単だからといって、手を抜いてはいけません。簡単だからこそ大切なのです。今まで何となく勉強してアタマに入っていた事柄をきちんと整理します。内容ごとにまとめて”勉強の目次を作る”のです。

そうすると、不思議なことが起こります。今までわからなかった問題が、ある日突然、解けるようになったりします。

そんなことが本当にあるの?という声が聞こえてきますが、実際によくあります。

わたしの教室は個別指導なので、生徒一人ひとり違う内容を指導しています。中学生で勉強が苦手な子には、前の学年のやり直しを重点的に行います。テストで思うように点数が取れないのは理解力がないからではなく、アタマの中の知識がぐちゃぐちゃだからです。その場その場で適当に詰め込まれただけで、必要なときに必要な知識を取り出せいない状況になっています。

その状態を前の学年に戻って「これはこういうこと。こっちはこういうこと」、こんな感じで混乱していた知識を少しずつ整理すると、今まで解けなかった問題ができるようになるわけです。

ただ、この作業を子どもが自分でするのは大変です。アタマの中が混乱しているので、自分ではどこがどう混乱しているのか気づけないのです。そういうときはやはり、プロの力を借りて、お子さんの現状をしっかり分析してもらうことをおすすめします。

皆さんも経験されているかと思いますが、勉強に関してだけは、お父さん、お母さんが中に入らないほうがいいようです。きっと「何とかしなくては…」という力みがお子さんに伝わってうまく行かなくなってしまうのでしょう。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

027-224-6720

<受付時間>
14:00~22:00
※休日はお電話またはLINEで対応しています。

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

LINEでお問合せ

新着情報・お知らせ

2022/06/21
ホームページを更新しました。

個別指導 慶應スクール

住所

〒371-0805 
群馬県前橋市南町4-32-11

アクセス

駐車場:有

受付時間

14:00~22:00

定休日

水曜、土曜、日曜